●日台合作の人形劇の霹靂、昨年売上が過去最高の7億元

台湾伝統の人形劇「布袋戯」の新感覚映像作品を手掛ける霹靂国際多媒体(Pili)の昨年12月の売上は前年同期比33%増の7900万元(約2億8586万円)、年間売上は7億元(約25億円)を突破し、共に過去最高を更新した。霹靂は昨年、日台共同制作の武侠人形劇作品『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』で日本市場に進出。映像作品やグッズ売上で業績を伸ばした。今年も台湾・中国・日本の三市場の開拓を進めるとともに、ゲーム制作の唯晶数位(Wegames)とのIP版権事業を強化する考えだ。

広告

コメントを残す