●ナイジェリア、台湾代表処の名称変更を要求、背景に中国の圧力か

外交部(外務省)は12日、アフリカの大国、ナイジェリアが台湾の「中華民国駐アルジェリア商務代表処」の名称を変更し、首都アブジャから退出するよう求めてきたと発表した。背景には「一つの中国」の原則を盾にした中国の外交攻勢があるとみられ、外交部は「厳重に抗議したとしているが、同時に「引き続き協商を残すことを望む」としており、最終的には改称を受け入れる可能性が大きい。台湾はナイジェリアとは正式国交はないため、1991年の前年の調印に基づいて代表処をラゴスに開設した。その後、アブジャに遷都したため、現在はアブジャにある。「中華民国」の名称が付いた代表処はナイジェリアのほかにアンゴラ、ギニア、ヨルダンなど6カ国ある。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中