●日台の震災史特別展、日本と台湾の博物館が共同開催

国立台湾歴史博物館(台南市)は、2014年に学術研究交流協定を締結した国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)と共に、国際特集展示『台湾と日本―震災史とともにたどる近現代―』を開催する。11日に歴史民俗博物館で開幕し、その後台湾でも展示が行われる。1906年の嘉義烈震、1935年の新竹台中地震、1999年の九二一大地震など、台湾で過去100年に発生した震災の資料が展示される。歴史民俗博物館での展示は2017年1月11日(水)~ 2月19日(日)、月曜休館、開館時間は9時30分~16時30分(入館は16時まで)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中