●デパート大手のそごうと新光三越、昨年業績は目標に届かず

そごう(SOGO)百貨の昨年の総売上高は453億元(約1632億3924万円)で、前年比2%増の目標を達成できず、一昨年の業績を下回った。デパート最大手の新光三越も、昨年売上は793億元(約2857億5875万円)で、目標の810億元(約2918億8473万円)には届かなかった。経済部統計によると、昨年1~11月のデパート業総売上は前年比4.5%増の3023億元(約1兆893億元)で、昨年の総売上は7年連続のプラス成長となる見込みだが、これは新開幕のアウトレットモールによる売上が大きいとみられる。

広告

コメントを残す