●士林官邸のバラ園がリニューアル 色とりどりの花が出迎え

士林官邸(台北市)のバラ園で行われていた改修工事が終了し、色とりどりに咲き誇る1600株のバラが訪れる人を出迎えている。

バラ園は老朽化により施設の一部損傷や排水不良などの問題が生じていた。台北市政府工務局公園路灯工程管理処ではバリアフリー化を含めた改修工事を実施。以前の風貌を取り戻した。

関係者によると、英国やフランスから輸入された品種を含む90種類のバラが見られるという。また、園内にはウメの木55本も植樹され、間もなく見ごろを迎えるとしている。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す