●旧正月期間の各種宝くじ、賞金総額は過去最高の10億元

宝くじ事業を手掛ける台湾彩券公司は17日、今年の旧正月(春節)期間中(1月23日~2月7日)の賞金総額を過去最高の10億元(約35億6837万円)と発表した。100万元(約357万円)以上の当選者が1000人以上誕生する予定で、ロト「大楽透」の賞金は6億3000万元(約22億4807万円)。期間中のくじ売上は計46億4000万元(約165億5723万円)を見込む。台湾彩券の昨年の総売上高は過去4番目の1172億元(約4182億円)で、うち266億元(約949億円)が公益事業への助成に充てられた。

広告

コメントを残す