●台北2階建て観光バス運行開始、2路線・300元から

台北市内の観光地を巡る2階建て観光バスが18日、運行を開始した。東西方向の「レッドライン(紅線)」は、西門町・総統府・中正紀念堂・永康街・台北101・国父紀念館などを結ぶ。南北方向の「ブルーライン(藍線)」は、西門町・総統府・中正紀念堂・台北市立美術館・士林官邸・故宮博物院などを通る。共に台北駅発着の循環型路線で、乗車券有効時間内の乗り降りは自由。2階47席のうち37席はオープンエア席だ。女性車掌が乗車勤務しており、座席には電子機器の充電コンセントを備える。車内の無料Wi-Fiを利用してアプリをダウンロードすれば、中・英・日・韓国語の音声ガイドが聞ける。乗車券は日中4時間券300元(約1089円)、デイ券・ナイト券・1日券・2日券1200元(約4358円)の4種類。バスの現在位置や待ち時間も専用アプリで確認できる。公式サイトはhttp://www.taipeisightseeing.com.tw/。

広告

コメントを残す