●ランタン祭開催、台北市は西門町一帯で4日から「小奇鶏」や林黙娘も

交通部(交通省)観光局主催する恒例の台湾ランタンフェスティバル(台湾灯会)は雲林県北港で7日から、虎尾では11日からそれぞれ19日まで行われる。それに先立ち台北では4日から西門町一帯と北門周辺で始まった。西門町では紅楼前の広場にメインランタンの「小奇鶏」が設置され、媽祖、林黙娘の大きなランタンも登場した。小奇鶏は酉(とり)年にちなんで、卵から抜け出すひよこのキャラクターで12日まで毎日午後7時から10時まで30分置きにライトアップショーが行われる。ランタンの展示区域は中華路の北門から長沙街にかけて。日本からは大阪市と松山市も出展、大阪市は大阪城を登場させ、松山市は道後温泉などのランタンを展示。12日の元宵節(旧暦1月15日)にはパレードが予定されている。

広告

コメントを残す