●寒波襲来で防寒関連商品の売上激増、業者はホクホク顔、温泉も人気

近日の急激な冷え込みを受け、ECサイト「生活市集」では今週、防寒寝具・衣料・暖房家電などの売上が急増している。「露天拍売」でも、電気カーペットや灯油ストーブなどの暖房器具売上が倍増。オフィスでも使えるUSB接続式保温器具も人気だ。「蝦皮拍売」の分析では、20~30歳の消費者は、事前に準備するのではなく寒さを感じてから防寒用品を購入する傾向が強い。また、台北市・新北市・宜蘭など北部の温泉では、温泉客が3割から7割増加しているという。

広告

コメントを残す