hsiu 古き良き靴文化を現代の女性に届ける

w%e5%a2%a8%e7%b6%a010

取材・文:高橋真紀
台湾の若者は実にクリエーティブで、昔からの文化をリメークするのがうまい、と思う。例えば日本統治時代の民家をリノベーションしたおしゃれなカフェ。台湾の電鍋をポストカードやステーショナリーにあしらった雑貨類。あらゆる分野で若いデザイナーが古き良き台湾の文化を、現代的に生まれ変わらせている。
今回紹介する「hsiu」という革靴のブランドも、20代の若者が「台湾の伝統工芸を伝えていきたい」という志で立ち上げたものだ。
靴のデザインも手がけているオーナーの江佩嘉さんに話を聞くと、彼女は台南出身。ある時、台南の老街を歩いていて、「繡花鞋(シウホワシエ)」と呼ばれる刺繍の施された布靴に出合った。台湾に昔から伝わる美しい伝統工芸に興味を持った江さんは、職人の仕事場を訪れ、靴作りを教わるようになったという。wdsc09535
「その時に、中華圏には女性のための伝統的な靴の文化があることを知りました」
古来から中国の女の子には、1歳になると「虎頭鞋(フートウシエ)」という、虎の頭の刺繍が施された布靴を身に着ける習慣があった。虎の頭が病気や災いから守ってくれるという、魔除けの意味を持つ靴である。その子が成長して16歳になると、今度は大人になった証に「繍花鞋」という花模様の布靴を、結婚する時には「婚鞋(フンシエ)」という、結婚のための靴を履く。この世から去り、人生の終わりを迎えた時のために、あの世へ履いていく「壽鞋(ショウシエ)」という特別な靴がある。
人が成長し、変化していく過程に寄り添う靴があるという文化に興味を持ち、美しい刺繍に魅せられた彼女は、「繡花鞋」を現代にも伝えていきたいと考え、秀逸なアイデアを思いついた。布靴として受け継がれてきた繡花鞋を、現代の女性にも使いやすいように、革靴にアレンジしたのだ。

小標刺繍はすべて「台湾」がモチーフ

革靴にあしらわれた刺繍のデザインは、すべて台湾、主に台南に関連したものがモチーフになっている。
例えばブランドの代表作である「輿圖鞋(ユートゥーシエ)」(写真中央/3380元)の花のような絵柄は、台南の地図を模様のようにデザインしたもの。ストラップ付きで履きやすく、ロングセラーとなっている。「海的守護」シリーズ(写真左/3680元)は、昔ながらの守り神である「劍獅(ジエンシー)」という、剣をくわえた獅子の顔を刺繍したもの。台湾といえばマンゴーかき氷、という外国人には、「瑕不掩瑜(シアブーイエンユー)」シリーズの「芒果冰(マングオビン)」(写真右/2580元)も人気だ。その名の通り、マンゴーかき氷をデザインした靴で、マンゴーを表す黄色やオレンジ色がポップでかわいい。


刺繍だけでなく、履き心地にも手作りならではの細かい仕事が光っている。すべて牛革を使い、型はアジア女性の足の形に合わせて設計。インソールも特別に作ったもので、クッションが効いて長時間歩いても疲れない工夫がしてあるそうだ。
広告を打ったことはないが、デザインに関する展示会やイベントに参加したり、オフィシャルサイトでブランドのストーリーを紹介し、徐々に顧客を増やしていった。他のブランドや他業種とのコラボレーションにも積極的だ。台南の地図をあしらった「輿圖鞋」は、民族舞踊の団体がステージ上で身に着けたこともある。
最新作はハイヒールタイプのシリーズ。これまでフラットシューズのみ展開していたが、お客さんの要望で新たにハイヒールを作った。2017年1月末には結婚式用の「婚鞋」を発売予定。台湾では結婚の際、「末長くお幸せに」という意味で「百年好合」という言葉を使う。婚鞋は片方に「女」、片方に「子」という字を模様化し、両足合わせて「好」となるようなデザインを予定しているそうだ。男性用の要望も多いので、いずれは発売したいと考えているし、かばんやアクセサリーなど、刺繍製品を靴以外にも展開するのが目標だ。
「靴の刺繍を見ることで、台湾を知ってもらえたらうれしいと思っているので、今後も台湾をモチーフにしたデザインをしていきたいです」。
若きオーナーは夢を持ちつつ、しっかりした信念を持っている。
台湾では「Pinkoi」などのサイトのほか、迪化街のショップ「簡單喜悅」や台南の「林百貨」などで販売中。台南の工房では、靴作りの見学も可能で、商品を買うこともできる。今年から日本のハンドメード商品販売サイト「Creema」からも購入できるようになった。
履くのがもったいなくなるほど美しいhsiuの靴たち。古来の考えに則り、人生の節目に履く特別な一足として、大切に置いておくのもいいかもしれない。

(2017年1月号掲載)


Hsiu工作室
URL:www.hsiu-taiwan.com
所在地:台南市中西區大福街40號
電話:06-222-6081

●台北店
所在地:台北市大同區迪化街184號
営業時間:9:30~19:00

●林百貨店
所在地:台南市中西區忠義路二段63號2樓
営業時間:11:00~22:00

●住好喲 –誠品高雄駁二店
所在地:高雄市鹽埕區大勇路3號(駁二藝術特區C4倉庫)
営業時間:10:00~21:00


もどる

広告

コメントを残す