●台湾と日本の花輸出団体が姉妹提携 相互に産業発展を促進

台湾区花卉(かき)輸出業同業公会(台北市)は13日、日本切花輸出入協会(東京都)と姉妹会を締結した。同業公会の林欽勝・理事長は、日本側と共同で台湾の花卉をPRし、日台の花卉業界の発展を促進していければと意欲を見せた。

林理事長が訪問団を率いて東京都内の日本切花輸出入協会を訪れ、同協会の西尾義彦・会長と共に調印した。

林理事長は、今回の提携を基礎に、今後は相互訪問や交流イベントの共同開催、花卉教育の推進、異業種合同でのPRなどを行っていくと説明。西尾会長によれば、同協会が外国の団体と手を組むのは台湾が初めて。提携を通じて日本側のニーズを台湾側に伝えることで、台湾産花卉の日本市場での取引を拡大していけるだろうと語った。

同業公会の荘炳煌・総幹事によれば、日本への輸出で最も多いのはランの苗。切花ではオンシジュームやコチョウラン、アンスリウム・アンドレアナムなどが多くを占めており、中でもオンシジュームの輸出量は昨年、3000万本を突破した。これは日本の輸入量の約90%に相当するという。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す