●工研院と日本総研、シルバー産業の発展協力覚書を締結

政府系シンクタンクの工業技術研究院(工研院:IEK)は16日、日本総合研究所(JRI:東京都品川区)とシルバー産業発展に関する協力覚書(MOU)を締結した。今後は商品・サービス開発などで協力し、概念実証(POC)、研究開発(POS)、商品化・事業化(POB)のプロセスを整備し、シルバー産業の発展と日台企業の協力拡大を推進する。工研院は、2025年の台湾シルバー産業規模は3兆5900億元(約13兆2071億円)に達し、高齢者向け製品、医療・介護、金融・保険、教育、レクリエーション等に多くの商機があるとみている。

広告

コメントを残す