●労基法改正で人件費毎年3%以上上昇、早期見直しを、工総のアンケート調査

「一例一休」の労基法改正で72.8%の企業が、人件費のコストが毎年3%以上増えるとみていることが分かった。

18日、全国工業総会(工総)など7大工商団体が実施したアンケート調査結果によると、67.4%の企業は勤務体制編成に困っており、46.3%は製品やサービス価格の値上げを検討しており、35.9%は生産ラインを海外などに移転することを考えている。労働者については51.3%が休息や残業を制限、24.4%は臨時や派遣の職員を雇用、15.6%は外注にするなどの対応を取っている。このため工総などでは、労基法改正は「みんなが損をする」政策だとし、政府は半年後に見直すとしているが、被害損害は増えるばかりなので半年といわず、一日でも早い見直しが必要だと提言している。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中