●早稲田大学野球部が3月に台湾で交流試合、台湾遠征100周年記念

早稲田大学の野球部が3月に台湾遠征し、台北、高雄などで地元大学と交流試合を行う。早大の台湾遠征は現・日本ハムの斎藤佑樹選手らがメンバーだった2008年以来9年振り。早大野球部は1901年創立で、日本統治時代の1917年に初めて台湾遠征をした。今年はそれから数えて100年になるため遠征100年記念として交流試合をする。3月1日、まず台南市で遠東科技大、2日は高雄市(高苑科技大)、4日は台中市(台湾体育大)、そして5日に台北市(中国文化大)でそれぞれ試合する。

広告

コメントを残す