●観光局、運転者の過労招く長距離日帰りバスツアーを禁止

多数の死傷者を出した13日のツアーバス横転事故を受け、交通部(=交通省。国土交通省に相当)観光局は21日、関係機関や旅行業者と協議後、阿里山・武陵農場・墾丁・花蓮などへの長距離日帰りバスツアーを禁止することを決めた。観光局は、日帰りツアーのバス運転時間を一日10時間以下、運転距離上限を平地で一日300キロメートル、山地で200キロとし、今月末の和平記念日(28日)を含めた4連休(25~28日)までに、これを超えるツアー撤廃を業者に求めた。一週間以内に対応されない場合は罰金を科す予定で、具体的な規定は24日に公告する。観光局の統計では100ツアーが該当したが、20あまりのツアーを残し、既に取りやめられているという。

広告

コメントを残す