●澎湖を国際的プレジャーボート拠点へ、国際的官民連携開始

商業発展研究院、澎湖県政府、シンガポールのバンヤンツリーホテル&リゾート、台湾のARGOヨットクラブ(亜果遊艇租賃)が2月23日、プレジャーボート事業振興に関する協力覚書を締結した。台湾初の国際的マリーナを開設する澎湖で、6月に官民連携イベントを実施する。台湾は世界有数のプレジャーボート輸出国だが、国内消費市場は発展途上にある。調査では台湾人の58%が「海洋レジャーを好む)と答えており、うちプレジャーボート人気は2004年の17%から2015年には34%に上昇した。ただし、2016年のボート登録数は424艇に留まり、いっそうの成長が期待できるという。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中