●世新大学の「一中承諾書」は違法、最高50万元の罰金、潘・教育部長

台北の世新大学が中国の大学の要請で中国人留学生の学習活動で「台湾独立」や「一中一台」などに関することは行わないとする「一中承諾書」を提出していたことについて潘文忠・教育部長(文科相に相当)は2日、立法院での質疑で両岸人民関係条例などに違反しているとし、最高50万元(約185万7000円)の罰金になるとの見解を示した。教育部で同様の承諾書を提出した大学はほかにはないとしているが、今後、あらためて全大学を調査するとしている。世新大学の中国人留学生は現在、約600人で、承諾書は全員に出しているわけではないとしている。教育部によると、中国人留学生は台湾全島で9327人、研修生は3万2648人とされる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中