●雪山トンネル、最低時速70キロに

交通部高速公路局は7日、国道5号(北宜高速公路)の雪山トンネル(新北市坪林区-宜蘭県頭城鎮)の最低時速を現行の60キロから70キロに引き上げると発表した。渋滞が起きやすい現状を改善するのが狙い。新しい最低時速は今月10日から実施。渋滞していない場合に70キロ未満の時速で走行している車両の運転者は、規定により罰金の対象となる。この制度は1カ月間の指導期間を設け、4月10日から処罰が実施される。罰金の額は3000~6000元(約1万1000~2万2000円)。

雪山トンネルでは車線変更が禁止されており、このため低速運転している車両があると、後続の車両の進行に影響が及び、渋滞が起きやすい。こうした現状を改善するのが今回の措置の狙い。

広告

コメントを残す