●画像ライセンス事業で日台が提携

台湾の美術・博物館作品画像ライセンスを管理するデジタルコレクションライセンスセンター(CADC:数位典蔵経紀授権中心)が、大日本印刷グループのDNPアートコミュニケーションズ(DNPC)と、画像ライセンスの国際マネジメント契約を締結した。国立台湾美術館、国家発展委員会档案管理局(N.A.A)、鳳甲美術館、李天禄布袋戯文教基金会の4機関の素材データが3月31日に正式登録される。また、国立故宮博物院、国立歴史博物館、国立台湾博物館も現在契約手続きを進行中だ。CADCは今後、欧米へも提携を拡大していく考えだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中