●台湾のEC利用額が増加=MIC調査

資訊工業策進会情報研究所(MIC)の調査によると、台湾の消費者のEC利用額は、2014年の年間2万1681元(約7万9725円)から2016年には2万7715元(約10万1913円)と年々上昇している。また、月間消費額に占めるEC利用の割合も、2014年の12.3%から2016年には17.8%に増加した。主な購買層は36歳から55歳までで、商品情報の入手先はポータルサイト(44.1%)が1位、次いでFacebook(39.9%)、テレビCM(38.2%)など。18~30歳ではFacebookがネット購入情報源の55%と大きな割合を占める。支払方法は、カードが75.7%、コンビニ受取時払が66.4%、ATM振込が25.2%。配送方法はコンビニ受取が82.4%と宅配便(79.6%)を上回り、コンビニがEC利用に大きく寄与していることが分かった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中