●遺産・贈与税改正案、初審通過

立法院財務委員会は15日、遺産・贈与税法改正案を初審通過した。しかし現行一律10%の最高税率を累進税率とするが、どこまで上げるかは未定で、行政院財政部案の20%にするか、時代力量案の30%にまで上げるかは今後の協議に委ね、今会期中の成立を目指す。改正案では現行1200万元の免税額は不変。遺産税の税率は、行政院案では5000万元未満は10%、5000万~1億元未満が15%、1億元以上は20%。時代力量案は区分の金額が低く、2800万元以上は30%としている。この税制改正による増収は毎年63億元と見込まれており、全額が高齢者介護予算の財源となる。

広告

コメントを残す