●旧新北投駅が復活、MRT駅の脇に

台北市の北投温泉の玄関口になる旧新北投駅舎が台北捷運(MRT、台北メトロ)の新北投駅脇の七星公園に復活、4月1日の開所式で柯文哲・台北市長がテープカットすることになった。旧駅舎は1916年の新北投線の開通に伴い建設された。当時は新北投停車場と称した。1937年に拡張工事が行われ、屋根に四つの目玉のような天窓を持つ優雅な駅舎になった。1988年、MRTの開通で廃止となり、中西部の彰化県の台湾民俗村に売却された後、荒れ放題になっていた。台北市はこれを2000万元で買い戻し、修復、記念館として公開することになった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中