●デパート飲食業、不景気でも好調

台湾経済研究院によると、台湾の飲食業の売上高は、景気全体の低迷に反し6年連続で過去最高を更新し、今年は4394億元(1兆6195億円)を超えるとみられる。

遠東グループの会員制市場調査サイト「Go survey」はデパートにおける飲食行動を調査し、全体の75%が月に一度はデパートで食事をすることが分かった。デパートでの飲食は、女性が52%とわずかに多く、年齢層では38.5%を占める30~49歳が中心。次いで60歳以上が20.5%、29歳以下の若年層(22.4%)も日常的にデパートで食事をしている。また、一人でデパート飲食店を利用する消費者も2割いるという。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中