●亜東協会、台湾日本関係協会に改称へ

行政院(内閣)の徐国勇スポークスマンは、林全・行政院長(首相)が台湾の対日窓口機関「亜東関係協会」の名称を「台湾日本関係協会」に改称することを承認したと明らかにした。日本の対台湾窓口機関、交流協会は今年1月から「日本台湾交流協会」に改称しており、亜東関係協会の改称もこれに対応するもの。日台双方の窓口機関は1972年の日台断交を受けて民間の交流窓口として設立されたが、当時の日本、台湾、中国との関係からあいまいな名称になっていた。今後、関連の手続きを進め、正式に改称する。

広告

コメントを残す