●嘉義・高雄で4月5日から給水制限

経済部(日本の経済産業省に相当)は22日、水不足が続いている中南部の嘉義県、南部の台南市で、4月5日から第一段階の給水制限(午後11時から翌日午前6時まで減圧)を行うと発表した。4月4日(火)が清明節で、1日(土)から4日まで連休となるため、連休明けからの実施。

経済部は22日、干ばつ対策チーム「干災経済部災害緊急応変小組」の会議を開き、各地のダムの貯水現状の報告、今後の対策協議などを行った。この結果、嘉義県、高雄市での夜間減圧実施が決まった。また北部の石門ダム、宝山第二ダムの貯水量減少に対応するため、今月1日から第一段階の給水制限が続けられている新北市の新荘区、板橋区および林口区、桃園市、新竹県については、状況が徐々に改善されており、今月末では第二段階の給水制限(サウナやプール、洗車など用水量の多い顧客への給水制限)を実施しない方針が確認された。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中