●勤務医の労働時間、毎週80時間に

衛生福利部は病院などに勤務の医師も労基法改正による「一例一休」の完全週休二日制の対象とすることを決め、近く勤務医の労働時間の手引を公告する。それによると、勤務医の労働時間は現在の毎週88時間から80時間とし、最長連続32時間となっている現在の1日の最長連続勤務時間は28時間とする。急診などの輪番制の勤務は最長13時間以内とし、特別な事情がある場合は16時間とするなどとし、早ければ今年8月から実施する。しかし手引を実際に実施すれば医師不足が深刻化するともいわれ、特に外科、産婦人科、小児科、急診は医師を急ぎ増やす必要が指摘されている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中