●勤務医の労働時間短縮、8月から実施

衛生福利部は27日、「勤務医の労働権益保障・勤務時間の手引」を公告した。手引では勤務医の労働時間はこれまでの毎週88時間から80時間に短縮、1日の労働時間も最長10時間で、急診など緊急時でもこれまでの32時間から28時間に短縮するなどしており、8月から実施する。一部では労働時間の短縮で医師不足が生じると懸念されているが、衛生福利部では台湾では毎年1300人の勤務医が誕生し、全台湾100余の病院などに配属されており、医師不足の心配はないとし、手引の着実な実行を求めており、違反すれば病院の資格取り消しなどの措置を取るとしている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中