●台北ユニバ、外国人ボランティア参加

ユニバーシアード台北大会が8月19日に台北市内で開幕する。期間中は世界150の国・地域から選手や関係者約1万2000人が訪台するとみられており、同大会実行委員会は、台湾人だけでなく、台湾在住の外国人なども対象にボランティアの募集を行った。外国人ボランティアは大会期間中、33カ国語で言語面のサポートに当たる。

外国人ボランティアの募集は昨年3月と8月の2回に分けて行われた。実行委員会の担当者によると、58の国・地域から計508人の応募があり、留学生やアジアの国々の出身者が多数を占めた。合格者は計284人で、リストの中には日本人の名前もある。

応募者のひとり、マレーシア人留学生の王晶美さんは、幼い頃からテコンドーが好きで、2004年アテネ五輪で金メダルを獲得した台湾の陳詩欣選手の大ファンだと話す。ユニバーシアードで世界のテコンドー選手たちが戦う姿が見られたらと夢を語った。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す