●台湾新幹線の弁当刷新、3種が新登場

台湾高鉄(新幹線)は6日、新しい駅弁「高鉄弁当」3種を発表した。高雄国際空港の機内食などを手掛ける高雄空厨(KACS)が製造する。煮込みポークステーキ弁当、ローストチキン弁当、菜食者向けエリンギ炒め弁当の3種類で、価格は1個100元(約363円)。吸湿性のある木製弁当箱を採用し、白米がよりおいしく食べられるという。昼・夕食時間帯に、台北駅以外の高鉄各駅と一部の列車内で販売する。車内販売実施車は公式サイトで広報する。

広告

コメントを残す