●台湾山葉、バイク生産一千万台を突破

ヤマハ発動機の台湾子会社、台湾山葉機車(ヤマハ)は7日、台湾でのオートバイ生産台数1000万台突破を発表した。台湾山葉は1987年に創立。以来31年での快挙となった。昨年の生産台数は37万台、生産額は277億元(最近のレートで約1005億円)。同社のオートバイは主に台湾へ供給。また日本、欧州、北米、中南米などにも輸出されている。輸出では日本が最多で、輸出量の三分の一を占める。

台湾山葉では、今後は、①従業員が安心して業務に打ち込める職場環境作り、②ヤマハグループ内で最高の製造拠点となる、③顧客の期待を上回る価値を創造する、の三つを目標とし、その実現に向けて邁進する方針。

広告

コメントを残す