●少子化弁公室新設、出生率上昇目指し

衛生福利部は12日、少子化弁公室を新設した。台湾の少子化は深刻。衛生福利部は理想の出生率は長期的には2.1%、短期的には1.6%としているが、現実は昨年1.17%。ここ数年は1.1%台にとどまっており、今後の経済活動などへの影響も懸念されている。このため少子化弁公室では6月までに催事生養育のための短期計画を策定する。関係業界からは「国が子供を育てる」という目標から,6歳までは政府が養育費を支給する施策や代理母を認める人工生殖法の改正などの要求が出ている。

広告

コメントを残す