●電動バスの華徳、住友商事とMOU

電動バス大手の華徳動能科技(RAC Electric Vehicles)は19日、台日産業連携推進オフィス(TJPO)の仲立ちにより、住友商事と電動バス拡販について提携覚書(MOU)を締結した。2018年の電動バス車両輸出開始を目指す。現在台湾でシェア5割を持つ華徳は1年余り前から東京大学や日産自動車と組み、電池管理技術や最先端電池開発を行ってきた。また国内の電池メーカーとも協力し、2018年に車両用電池国産化の開発認証取得を予定しており、住友商事と共に「e-bus」の世界進出を進める。

広告

コメントを残す