●IHGが台中に新ホテル、計10拠点

IHG(インターコンチネンタホテル&リゾート)は20日、勤美(CMP)グループと、台中市の「インターコンチネンタルホテル台中勤美」建設の契約式を行った。勤美は今後8年で総額120億元(約431億円)以上を投じ台中市中心部・草悟道の4000坪を開発するが、その中に同ホテルを建設し、5年後の開業を目指す。総客室数は220室。IHGは「ホリデーイン」ブランドを台中・桃園・新北市で営業中。昨年高雄に「インディゴ」を開幕、今夏台南に「クラウンプラザ」を開幕するが、「インターコンチネンタル(洲際酒店)」は今回が台湾で初めて。この他、台中と嘉義に建設中の「ホリデーインエクスプレス」は2019年開幕予定で、台湾の拠点数は計10カ所となる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中