●「目撃者」 台北での興行収入1位に

先月31日に公開されたチェン・ウェイハオ(程偉豪)監督のサスペンス映画「目撃者」の興行収入が22日までに4500万台湾元(約1億6200万円)を突破した。台北地区では現時点で、今年の台湾映画としては1位の興行収入を記録している。 台北地区の興行収入は1700万元(約6100万円)。同作は9年前の交通事故を巡り、当時の目撃者である新聞記者が真相を探っていくというストーリー。キャッシュ・チュアン(荘凱[員力])やティファニー・シュー(許[王韋]ネイ)らが出演している。(ネイ=寧の下半分が用)(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す