第38回 となりにいます

湾では日本語を勉強する人が少なくありません。
仕事とかで特に必要というわけでもないんだけど、ただ何となく興味があるので。そんな理由から、結構みんな日本語を勉強しています。
つい数日前、MRTに乗ったときの話です。
若い男女の二人連れ。座席に座っておもむろに日本語検定試験の問題集を広げてました。で、彼のほういわく、
「これ、どうしてこの答えなの?」
「うーん。わかんないけど、何かおかしいよね」
どうやら問題の解答に納得してないようでした。
その様子を、ぼくはすぐとなりの席から眺めてました。でも、ぼくの位置から見えるのはカッコの中に適当な言葉を入れる四択の問題があるということだけ。それが精いっぱいで、問題の内容までは見えません。
― どんな問題? 何がわかんないの?
ぼくの好奇心は徐々に頭をもたげ、さらにそれは「何故聞いてこない? 答えがここにあるじゃないか」と進化し、最後には「えっ、日本語の問題? どうしたの?」なんて今偶然気づいたような素振りで何気なくこちらから声をかけてみようかと思ったり。
でも、このときふと頭をよぎったのが、変なおじさんがいきなり声をかけてきたら、彼ら、絶対にびっくりするに決まってるということ。きっとお節介だと思うだろうということ(実際にそうなんだけど)。とにかく間違っても感謝されることはないと思ったのです。
というわけで、結局声は掛けず。彼らはその後も、ああでもない、こうでもないと討論を続けたのでした。


んなふうに、すぐとなりにいて、こっちはわかってるのにあっちはわかってないというケース。たまにあります。
そして、そんなケースではたいていがイライラしてストレスが溜まるんですが、この前、こんなことがありました。
忠孝東路のしゃれたイタリアンレストラン。ぼくのすぐとなりの席には日本人の女性がふたり。年齢は見たところ30代の後半から40代の前半、きれいに着飾ってランチといった感じでした。
で、彼女たち、大きな声で笑いながら楽しそうな会話。完全に弾けてる状態です。
まあ、最近の台北は街中で日本人に会うことは日常茶飯事なので、特に気にすることもなくメニューを見ていたのですが、いつの間にかそれどころではなくなりました。
聞こえてくる彼女たちの会話。ここでは書けないような面白い話が赤裸々に飛び交っていたからです(内容はご想像にお任せします)。日本だったら公の場でこんなことは話さないと思うんですが、おそらく周りはだれも日本語はわからないだろうという安心感からか、ついつい無防備になっていたようです。
ぼくの耳はどんどん大きくなります。視線はずっとメニューに落ちたまま、でも、何も見ていません。
ところが、しばらくそんなふうに盗み聞きをしていると、突然ぼくの携帯電話が鳴りました。日本人の友達からです。
「もしもし」
ぼくが一言そういった途端、周囲の空気が凍りました。
それまで弾けてたとなりの女性の会話が一瞬で静まり、その後はふたりとも声を発しません。
パキーン。
まるでディズニー映画『アナと雪の女王』で一瞬にして風景が氷の世界に変わったときのようでした。


れ以来、ぼくは特に気を付けるようになりました。
MRTやバスの中でも、レストランでも、街を歩いているときでも、台湾では日本語だからだれもわからないというのは勝手な思い込みだということを。
「何やってんだ。このバカ」。心の中で思っても、それはゴクリと呑み込みます。人間修行のよい機会だと思いながら……。

(2017年3月号掲載)

もどる

広告

コメントを残す