●亀山島でユリ見頃 近海でクジラ出現

冬季に閉鎖されていた太平洋に浮かぶ亀山島(宜蘭県)への上陸が3月に解禁された。ユリが見頃を迎えているほか、近海ではホエールウォッチングが可能だとして、交通部(交通省)観光局が春の行楽として来訪を呼び掛けている。

亀山島を管理する東北角・宜蘭海岸国家風景区管理処によると、テッポウユリのほか、台湾固有種で筒状の花の外側が赤みを帯びるタカサゴユリが自生。今月18日までに四分咲きになっており、5月上旬まで楽しめるという。

ただ、亀山島で草花を摘んだりする自然破壊行為をした場合、5000台湾元(約1万8000円)以上の罰金が科される恐れがあるため、注意が必要だとしている。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す