●台湾最大の観覧車、台中で開業

台湾最大の観覧車「天空之夢(sky dream)」が29日、複合商業施設「麗宝楽園(LIHPAO LAND)」(台中市后里区)にプレオープンした。グランドオープンは5月13日。高さ120メートルの観覧車の最高点は海抜384メートルで、高美湿地、台湾海峡や雪山山脈まで見渡せる。60台ある8人乗りのゴンドラは車椅子やベビーカーでも乗れるバリアフリー仕様で、USB充電口や中華電信の無料Wi-Fiも備える。一周は約25分間。同観覧車は福岡の「エバーグリーンマリノア」から移設されたもので、約3年をかけ完成した。料金は一般が平日300元(約1112円)、週末・祝日などが350元(約1297円)。

広告

コメントを残す