●空港線の手荷物預け、導入会社増へ

MRT空港線(桃園機場捷運)は、台北駅の市内チェックインおよび手荷物預けサービスに、キャセイパシフィック(国泰)、キャセイドラゴン(国泰港龍)、香港航空、ANA(全日空)が対応する意向を示している。各社はいずれも無人システムへの対応で、有人窓口は設置しない考え。現在、同サービスには中華航空(チャイナエアライン)・長栄航空(エバー航空)など台湾の4社が対応。3月、4月の一日の手荷物預け数は平均約500件だったが、システム上は一日2700件対応可能だ。順調にいけば夏休み期間前にも導入できるという。

広告

コメントを残す