●テレサ・テン、科学技術で蘇る

アジアの歌姫の異名を持つテレサ・テン(鄧麗君)の命日を8日に控え、その歌声を科学技術によって再現した音楽ショーが6日から台北市内で開催されている。バーチャルアーティストとして登場したテレサ。甜蜜蜜や夜来香、何日君再来を含む人気曲5曲を披露し「本当にお久しぶりですね、きょうのパフォーマンスを気に入っていただければうれしいです」などと挨拶した姿は生前を彷彿させた。同イベントは鄧麗君文教基金会や香港の映像コンテンツ制作会社、デジタル・ドメイン(数字王国)などが共催したもので10日まで続く。

テレサは1995年5月8日、タイ・チェンマイで喘息発作のため亡くなった。没後22年を迎える今日でも日本をはじめ、香港や東南アジアから多くのファンがテレサの眠る墓地(新北市・金山)に足を運び、故人への思いを馳せている。 同様のイベントは今後、中国大陸の北京や済南、成都などでも行われるという。(中央社フォーカス台湾)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中