●台風被害の烏来トロッコ、夏に復活へ

新北市の観光名所、烏来(ウーライ)で「烏来トロッコ(台車)」の復旧工事が進み、6月には試験運転が行える見通しだ。夏の運行再開を目指す。「烏来トロッコ」は烏来市街と烏来瀑布(滝)を約10分で結ぶ、全長1.5キロメートルのトロッコ列車。元々は木材運搬用で、1963年に観光用として整備された。2015年8月、台風による土砂崩れで道路が分断され運行を停止していた。また1年3カ月の工事を経て新設された「彩虹橋」(全長296メートル)も10日に開通した。二度と烏来地区が「陸の孤島」にならないよう、土石流の影響を受けない設計が行われたという。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中