●身代金要求ウイルス、台湾で厳戒態勢

世界規模で攻撃が広がっている身代金要求型パソコンウイルス(ランサムウェア)「WannaCry」について、セキュリティソフトウェア企業・アバスト(Avast)は、12日の一日で世界99カ国・5万7000件の感染例が報告され、うちロシア・インド・台湾の被害が最も深刻だと公表した。台湾の被害詳細については述べられていない。台湾では、新北市三峡区の恩主公医院で感染が確認されたが、直ちに対応。患者データはクラウドにあったため被害を受けていない。また、台湾電力でも十数台が感染し、直ちに切断した。台湾証券交易所はWindowsシステムを使用しておらず、同ウイルスの脅威はないとの声明を発表した。行政院は14日、金融・通信・医療に関わる金融監督管理委員会、財政部、国家通訊伝播委員会、衛生福利部に警戒と即時対応を命じた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中