●18日午後、台北など北部で防空演習

台湾北部の(宜蘭県、基隆市、台北市、新北市、桃園市、新竹市、新竹県)で、あす18日(木)午後1時30分から2時までの30分間、防空演習「万安40号演習」が実施される。開始のサイレンが鳴ると同時に交通管制が行われ、一般道路を走る車両は全て停車し、歩行者や運転者および同乗者は指定された避難所に移動しなければならない。建物の中にいる人は窓を閉め、ガスや電灯を消し、速やかに地下室または指定された避難所に移動しなければならない。商店、会社、市場、映画館や劇場などの営業は中止される。

公共交通については、航空機、台湾高速鉄路(台湾新幹線)、台湾鉄路管理局(台鉄局)、台北捷運(MRT、台北メトロ)の列車および猫空ロープウエー、高速バスは定刻通り運行されるが、演習中に乗り物から降りたら直ちに憲兵、警察あるいは駅係員などの誘導に従い、避難しなければならない。また台北メトロ、猫空ロープウエーの利用者は駅から離れることができない。高速道路は各インターで交通管制が行われ、高速道路から出ることはできるが、高速道路に入ることはできない。演習中でも高速道路では通常に走行できるが、高速道路から出た車両の運転者および同乗者は指定された避難所に移動しなければならない。
規定を守らない場合、3万元(約11万3300円)以上、15万元(約56万6600円)以下の罰金が科されることがある。

広告

コメントを残す