●高雄市政府が訪日、横浜など視察

南部・高雄市政府は、「アジア新湾区」と銘打った大規模な高雄港再開発計画を推進している。日本の経験を参考にしようと、同市政府都市発展局は、開発エリアの地権者らで結成された開発促進会を伴って16日から19日まで日本を訪問。一行は、みなとみらい21地区(横浜市)の横浜ランドマークタワーなどを視察するほか、森ビル、三菱地所など大手デベロッパーに台湾訪問を呼び掛け、日本企業との提携チャンスを探る。

高雄市政府は今年3月、主要港湾を運営する台湾港務(高雄市)との共同出資によって「高雄港区土地開発」を発足させた。同社は台湾中油など国営企業7社と「アジア新湾区聯盟」を結成し、大規模な高雄港再開発に乗り出している。国外企業の誘致や協力関係構築のため、4月には陳菊・高雄市長がドバイを訪問している。(中央社フォーカス台湾)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中