●君品酒店、ムスリム客昨年6000人

雲朗観光(IDC)グループは、傘下の8拠点・11店のレストラン全てが「ムスリムフレンドリー」認定を獲得した。台北市の君品酒店(パレ・デ・シン)では、この2年で月平均約500人のイスラム教徒(ムスリム)客が宿泊、昨年は6000人近くに達した。礼拝設備の設置やハラル対応の飲食サービスがムスリム客の安定増加につながっている。今年は5月26日に始まるイスラム教の断食月(ラマダン)に向け、日中の飲食ができないムスリム客のために、日の出前の朝食サービスや各種ハラル料理などを打ち出した。

広告

コメントを残す