●台北市が無人バス導入、8月に試運転

台北市の林欽栄・副市長は24日、台北市は民間企業との合作で無人バスを走らせる計画を進めていることを明らかにした。早ければ今年8月に市内の信義路か仁愛路のバス専用路線を使って無人バスの試運転を始める。試運転の期間は3カ月で、その間は客を乗せずに運行する。無人バス導入はスマート都市建設計画の一環。バスは「喜門史塔雷克(7STARKAKE)」社製。事故や故障の場合、誰が管理するのかなど実際の導入までは多くの問題がある。

広告

コメントを残す