●大潤発、7月からレジ袋の販売中止

大手量販店の大潤発(RT-MART)は5月31日、7月から全国22店舗でレジ袋の販売を取りやめると発表した。これにより年間730万枚のレジ袋が削減できるとしている。消費者は買い物袋を持参するか、ごみ袋と両用の袋(1枚36元:約133円)を購入する必要がある。環境保護署は資源保護の観点から、来年1月1日から、量販店などでの無料レジ袋提供を禁止する予定。カルフール(家楽福)も通常のレジ袋に代わりごみ袋兼用袋の販売を推進中で、買い物袋持参客は1カ月で5割増加したという。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中