●日台観光サミット、香川県で開催

香川県・愛媛県が共同主催する「日台観光サミット2017」が1日、香川県で開催された。日台の観光関係者260人以上が出席した。2020年までに日台双方の旅行者700万人を目指すことを確認し、将来的には更なる拡大に向け努力する。昨年の訪台日本人観光客数は延べ189万5702人で16.5%増、訪日台湾人観光客数は429万5240人で同13.1%増、相互の訪問者数は合計延べ619万942人と、前回サミットの目標600万人を達成した。今後は、鉄道・温泉・地方自治体の交流拡大、クルーズ旅行やグルメ情報の発信、スポーツイベントなどによる若年層への訴求を推進する。また、訪台観光客の台湾南部への誘引、日本の地方都市からの台湾訪問も拡大していくとした。

広告

コメントを残す