●台湾特色飯店連盟、朝食無料打ち出す

台中市・高雄市の10のホテルが加入する「台湾特色飯店連盟」が、9月30日までの平日の宿泊で会員向けに朝食無料のキャンペーンを開始した。利用回数は無制限で、会員数1000人増・宿泊率2割増を目指す。ホテル宿泊率が低迷する中、共同での販促が奏功し、2月の同連盟発足以来、加入ホテルの業績は1~2割上昇。台中市のインハウスホテルでは平均宿泊率が3割増加した。今後は台湾東部や北部のホテルへの加入も働き掛けていくとしている。

広告

コメントを残す