●太平山でカエデ真っ赤に 10月まで

北東部・宜蘭県の太平山国家森林遊楽区でカエデが真っ赤に染まっている。林務局羅東林区管理処によると、秋になり気温が低くなってから紅葉するのが一般的だが、山の休憩所である太平山荘の中央階段両脇に生えているカエデは、新葉が芽生えるとすぐに葉の色が赤くなる品種。この光景は10月まで続くという。

太平山の海抜約520メートル地点には鳩之沢温泉がある。多くの鳥類が生息しており、日本統治時代から「鳩沢温泉」と呼ばれていた。アルカリ性の炭酸泉で、豊富な地熱資源に恵まれている。同管理処は、春を過ぎた頃が同遊楽区の最も色鮮やかな季節だとしており、森林散策の際には温泉へも寄るよう呼び掛けている。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す