●在日台湾人団体が大集合、全台連発足

日本にある在日台湾同郷会など約20の台湾人の団体が連合した「全日本台湾連合会」(全台連)」の成立大会が4日、東京都内のホテルで開かれた。蔡英文・総統は祝電を寄せ、全台連が機能を発揮し、民間交流を深化させ、台日友誼(ゆうぎ)に貢献することを希望すると,期待を表明した。大会には謝長廷・駐日代表,呉新興・僑務委員会委員長のほか日本の国会議員らも出席した。全台連は中国系の華僑組織と一線を画くし、「台湾利益を優先考慮した」団体が大集合したもので、趙中正氏が会長に就任した。

広告

コメントを残す